義母と一緒にお盆準備





obon.jpg


今日は義母と百貨店に行った。

お盆用の粗供養を買いに行く為に。
地下の菓子売り場に行き、義母に聞かれた。

「ころりさん、どれがいいと思う?」

「そうですね…洋菓子でいいんじゃないですか?持って帰るのも軽いですし」

私がそう言うと義母は、

「そうねぇ…でもダメよ、あの人は洋菓子が嫌いだから」と、叔母には和菓子にしようと言い始めた。

答えは決まっている


結局いつもこうだ。
義母は最初から誰に何を渡したいのか自分の中で決まっている。

なので私には隣で、「そうですね」「いいですね」と言って欲しいだけなのだ。

そもそも粗供養なんて、全員同じ物でもいいのでは?と思う。
しかし昨年、義母に頼まれて私が粗供養を買っていくと、「全部同じ物にしたの⁉」と呆れた顔をされた。なので今年は一緒に買いに行く事になった。

私が適当に「そうですね」と返答していると義母は満足そうに商品を選び、その後は供花や果物などを購入し帰宅した。



お礼の言葉


帰宅後は早速仏壇周りの準備。

提灯や精霊棚などを飾り始めたが、昨年一度教えられたものの、一年経ってしまうとすっかり忘れてしまった。

ナスとキュウリ…どっち向きに置くんだっけ?
菓子と果物、野菜はこの配置で良かった?

さらにお供え膳を明日作るように言われたが、それも何をどこに入れるのか…うろ覚え。
義母に確認しながら義実家で作っても良いのだが、自分の家で作る方が気楽な為、ネットで調べて自己流で作ろうと思う。

こんな調子では来年もまた忘れてしまい、毎回調べたり迷ったりしてしまいそう。
いっその事、飾り終わった仏壇を、来年の為に写真撮影しておきたいぐらいだ。
だがさすがにそれは不謹慎な気がして出来そうもない。

せめてメモに残しておくか…。

「そろそろ帰ります」

私が義実家を出ようとすると、義母が嬉しそうに言った。

「ころりさんがいてくれて本当に助かるわ。ありがとう」

こうしてお礼の気持ちを口に出してくれるのは有難い――と思うべきだろう。
確かに何も言ってくれない義母ならもっと辛いかもしれない。

だけど何だろう…やはり素直に喜べない。
重く感じてしまうのは私が捻くれているからだろうか。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事