キャパオーバーでごめんなさい





noise.jpg


そんな愛犬の発する「音」に過敏になっている私。

イライラの持って行き場

寝不足が続いている。元々不眠症気味なので、...


それが原因なのか、更年期障害なのか、よく分からないがこのイライラが止まらない。

夕方、夫が思っていたより早く帰宅した。

何と夕方の4時30分。

「どうしたの⁉」

驚いて聞くと、代休を取れずに休みがたまっているらしく、その消化としてこの日は早退したと言う。

「それならそうと連絡してよ」

私は既にイライラしていた。
突然こんな時間に帰宅されると予定が狂う。

予定という程何も無いのに、ただ気分が狂うのだ。
妙に急かされている気分になる。

その私のイライラが伝わったのか、夫が言った。

「別に邪魔はしないよ。ゆっくりして」

夫の気遣いを感じ、イライラしてはいけない…と自分に言い聞かせた。


しかしその直後、夫が言った。

「お腹が空いてるんだけど。簡単に夕ご飯食べようかな」

イラッ!
「ゆっくりして」と言ったのは嘘だったのか?
その直後によくそんな事が言えるわね。

簡単だろうが何だろうが、急いで夕食を作らなければならない事に変わりはない。

「すぐに出来ないわよ」

既に私の声は不機嫌だった。

「別に簡単なものでいいよ。軽く食べたいだけだから」

夫はまた「簡単に」を繰り返し、それがまた私のイライラを刺激した。私が手を動かさなければ簡単に食事は出てこない。
それもまだ5時前。こんな時間に夕食を出せと言うの?


ドン!とキャベツをまな板の上に置き、私はザクザク切り始めた。

リビングから夫がつけたテレビの音が聞こえてくる。さらに夫のスマホが鳴り、誰かと話している声。うるさい。ムカムカムカ…。

さらに私の足元で愛犬のいつもの「音」

ピチャピチャピチャ…。

相変わらず足舐めが止まらない。

音・音・音!

そして遂に私のイライラがピークに達し、愛犬に怒ってしまった。

「コラ!やめなさい!」

その様子に気付いた夫が私に近付き、そっと愛犬を抱いてリビングに戻った。
そしてテレビの音量が小さくなった。

私は激しく後悔し、キャパの小さい自分が情けなくなった。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事