AB型の人とは友達にならない





前回パート先に行った時、新しく採用されたパートの女性がいた。

年齢は50代。

この職場は女性が多く人間関係が殺伐とし、パートが幅を利かせ上司は頼りなく理不尽な事も多い。

しかし年齢問わず採用されたり、私のように在宅勤務など融通が利くのが唯一良いところ。

逆に言えば若い人や向上心の高い人はすぐに辞めてしまうのだが。


その50代女性は見るからに真面目で大人しそうな人だった。
ほとんど出勤しない私には関係ないが、それでもこういう物静かな人が職場に増えるだけでホッとする。

しかし様子を見ていると、他のスタッフと馴染めていない様子。まるで私と同じ状態だ。

休憩中も周囲と話す事なく、隅の席で俯いて食事をし、食べ終わると部屋から出て行ってしまった。


そして出て行った瞬間、酒家さんが言った。

「やな感じ」

酒家さんは元々私と同じ臨時パートだったのに、今ではこの職場の主になりつつある。

職場では勤務期間や立場などは二の次だとつくづく実感する。性格の強い者勝ちなのだ。









「暗いよねー、あの新人」

酒家さんがそう言うと、周囲も「分かる、こっちまで息苦しくなるわ」と共感していた。

すると酒家さんが言った。

「あの人、絶対A型よ」

「どうして?」と他のスタッフが聞くと、「だって暗い、真面目、神経質そう。これってA型でしょ」と言い、その場にいた人達と一緒に笑った。


それから血液型の話題になり、「あなた何型?」「待って!当てるわ」と盛り上がっていた。

私はいつものように会話には入っていなかったが、いつ自分に話を振られ、「ころりさんは何型?」と聞かれたり、「ころりさんは何型っぽいよね」と言われるかとドキドキした。

血液型による性格判断は、単にその人を否定する為のこじつけとしか思えない。
最初から「Aっぽい人」「Bっぽい人」という決めつけがあり、それがハズれた場合には、「意外~Aっぽくないねー」となる。

中には、「私はAB型の人とは友達にならないって決めてるの」と言う人まであり、そう言う人とこそ友達になりたくないと思う。

新人の50代女性。
次に私が出勤した時には辞めているような気がする。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事