ココロのおうち。








後悔ばかりが浮かぶ

-
愛犬の葬儀は亡くなった当日に行った。もっと一緒にいたかったが、季節的にもあまり長く置いておくのは可哀想な気がしたから。それにしても前日までいつも通り過ごしていたのに、今は葬儀をしている。これが現実だと受け入れるには突然過ぎた。私達は当然のように遺骨を自宅に連れて帰った。遺骨はまだ温かさが残っていて、抱いているとそれはまさに愛犬だった。自宅で愛犬が倒れた日、偶然夫が休日で家にいた。倒れた愛犬の叫び声...

最後の夜

-
愛犬が亡くなる前日の夜。私は何年かぶりに愛犬にくっついて一緒に寝た。愛犬が若く元気だった頃には一緒にベッドで寝ていたが、そのうち愛犬が高い場所に上がれなくなり、又危険という事もあり一階のリビングに敷いている毛布が愛犬の寝床となった。それと共に愛犬が見える位置にあるソファが私の寝床にもなった。一緒にくっついて眠る事は無くなったが、私と愛犬は互いが常に見える位置にいる事で安心して眠る事が出来た。深夜に...

虹の橋

-
愛犬が虹の橋に行ってしまった。突然の出来事で、辛過ぎる。つい「どうして私を置いて行ってしまったの?私も一緒に連れていって」と思ってしまう。もう老犬だとは分かっていたけど、まだあと1年以上は一緒にいられるだろうと勝手に思い込んでいた。過去に飼っていた子達は徐々にその日を覚悟出来る衰え方だったので、まさか前日までご飯を食べてしっかり足で歩いていた愛犬がこんな事になるなんて受け入れ辛い。今の私には後悔し...

ここは100円均一の店ですか?

-
AC
昨日、100均の店で買い物をしていると、突然声をかけられた。「すみません、ここは100円均一の店ですか?」70代後半か…という女性。上品そうな雰囲気で、身なりもきっちりしている。私が「そうです」と答えると、「ありがとうございます」と言い商品を見始めた。しばらくして、「そうだ、この店は100円だけでなく200円、300円の商品もある事を伝えた方が良かったかも」と思い見渡したが、先ほどの女性は見つけられなかった。それに...

老後に一人で住む事と、天涯孤独との違い

-
最近見ていた韓国ドラマ「結婚作詞 離婚作曲」をようやく見終わった。韓国ドラマは話数も時間も長いので、やや疲れてきたところで最終話となり、ホッとしていたら何と、「シーズン2につづく」というラスト。思わず、頑張って視聴した時間を返してくれと思った。一生一人の人を愛し続ける事が出来ない夫久しぶりにネットフリックスでドラマを見ている。「結婚作詞 離婚作曲」という韓国ドラマ。kokouchi.comそしてドラマの感想と...

1万円貸すぐらいなら同居する

-
何年かぶりに連絡があった友人と会った。彼女を見た瞬間、あまりの変貌ぶりに驚いた。老けたのはもちろん、体が2倍…いや3倍ぐらい大きくなっていた。だがきっと彼女から見た私も同じ印象だっただろう。この年齢にもなればあちこち弛んで老いを感じるのも当然か。春になったので会いたくなった?何年かぶりに知人からメールがきた。kokouchi.com会う前には会話が続くだろうか、気まずくならないだろうか…と心配していたが、お喋りな...



よく読まれている記事