ココロのおうち。





会いたくないから行きません

-
久々に美智子さんからラインが来た。最後に会話した時には落ち込んでいる様子だったので少し気になっていたが、どうやらその後気分が持ち直した様子。いつもの穏やかな言葉が並んでいた。「またそちらの方に行く予定があるのですが、よかったらお茶しませんか?」と、誘いを受けたが、とてもそんな気になれない。美智子さんの誘いは結局宗教に繋がるのではないかという疑いの気持ちもあるが、今はそれ以前に外に出るのが億劫だった...

一緒に来て欲しい本当の理由

-
少し前に実の父からメールが来ていたのだが、軽く返信しただけで終わった。自分からあまり連絡してこない父。メールは大した内容では無かったが、本当は何か話したい事があるのではないか…と感じた。いつもならその後父に会いに行ったりしていたのだが、今回は私の方に気持ちの余裕が無く、ついそのまま放置になっていた。すると今日、また父からメール。「寒くなってきたから身体に気を付けるように」わざわざこんな内容を送って...

作り笑いをする余裕さえなくて

-
今日の午前中、義母の通院に付添い、その帰りに一緒に買い物を済ませて家まで送った。私は車から荷物を下し、「私は帰りますね」と言うと、「え?どうして?中に入って行って下さいよ」と義母に言われた。この1年、義母との買い物や通院の後は、当然のように義父母の家に上がり、しばらく話し相手をして帰宅するのが決まりになっていた。しかしここ最近私は本当に心が折れている。今日も義母と話していても、気持ちが不安定で早く...

フィギュアスケートファンのパワー

-
テレビでフィギュアスケートの試合が放送されているのを観ると、「もうそんな季節になったんだな」と冬が来るのを実感する。私はフィギュアスケートの季節が好きだ。もちろんフィギュアスケートの試合自体も好きなのだが、それが行われる秋の終わりから冬が最も気持ちが落ち着くのだ。時々、「私は冬季鬱です」というコメントを頂く事があるが、私はどちらかと言えば「夏季鬱」かもしれない。なので本来なら今は心の調子が良い季節...

場違いな会議に参加

-
久々にパートに行くと、職場の上司に呼ばれた。「今日の会議にころりさんも出席してもらえますか」と言われた。突然言われたので戸惑った私は、「どんな会議ですか?」と聞いた。すると新しいシステムに変更するらしく、私にも参加して聞いていて欲しいと言う。なぜ私が?と思ったものの、最近私に渡せる仕事(在宅ワーク)が減りつつある為、上司は私に新たな仕事を与える為に気を回してくれているのだろうか…とも思った。「今後...

一人になるのが不安なのは私だけではない

-
検診から帰宅すると、夫がリビングで硬い表情をして座っていた。「ただいま。すぐご飯作るね」私がそう言うと、夫は怒ったような口調で言った。「いいから!ちょっとここに座りなよ!」と、ソファを指差した。なぜ機嫌が悪いのか分からないが、私は言われるがままソファに座った。すると夫、「それで?結果はどうだったの?」と心配そうな顔をして私に聞く。その顔は心配…というのを通り越して、追い詰められたような表情だった。...



よく読まれている記事