ココロのおうち。





私を放っておかないで

-
結局今年の盆に義兄は実家に顔を出さなかった。どうなっているのだろう。義母から聞く数少ない情報だけで、本当のところは分からない。きっかけは何だったのか?これからどうするつもりなのか?私は義母に言われるまま、可能な限り義父母の家に顔を出している。相変わらずパートに行くと言えば義母の機嫌は悪くなり「私を放っておかないで」と泣きつかれる。まだ70代だ。子供でもあるまいし、私が義父母の家に行ったからといって、...

不安の悪循環

-
――前回の続き。歯科衛生士が準備をしている間、胸の鼓動は治まらなかった。やはり私は変だ。最近は落ち着いた、治ったと思っていたが、何も変わっていない。もう普通の人間には戻れないのか。吐き気が酷くて不安がMAXだった。型取りするだけなので怖い訳ではない。ただ途中で吐き気が我慢出来なくなり、パニックになるのでは……と不安だった。そんな私をよそに、準備は着々と進んだ。「少し不安で」と伝えれば、きっと少しは気が楽...

食いしばり

-
鬱病以来、歯医者が苦手だ。椅子を倒されるだけでスッと血の気が引く。異常に緊張して呼吸が荒くなり、吐き気がする。最も酷い頃には、気が遠くなる程の量の安定剤をがぶ飲みし受診した。だが最近は少し落ち着き、検診程度なら安定剤無しでも何とかなっていた。先日はただ検診だけの予定だった。だが検診してもらうと、歯科衛生士が医師に相談を始めた。その後医師から説明されたのは、歯の食いしばりが強すぎて、歯が欠けていると...

ちびまる子ちゃん世代

-
さくらももこさんの訃報。とても驚いた。そしてテレビやネットで皆が言うように、本当に残念過ぎる。さらに自分とそう変わらない年齢の女性である事もあり、乳がんが全く他人事ではないと改めて感じた。もし自分だったら……ついそう重ねて考えてしまう。少し前にパート先のスタッフが急死した。その方もまだ50代。同じ乳がんだった。こういう事が続くと、人の一生なんて短いように思える。いつどうなるか分からない。日々愚痴ばかり...

自分が選んだ場所

-
義父母の家に行くと、24時間テレビを見ていた。義母は涙ぐみ、「やっぱり家族はいいわね。家族がいたら頑張れるわね」と繰り返していた。その隣で私は何も言わず、ただ静かに座ってテレビを見つめた。放送されていればつい見てしまう24時間テレビ。だが私は素直に感情移入出来ずにいた。以前からこの番組を真っすぐ見る事が出来ない。(→ 感動できない )今回も、涙を流す義母の横で、どこか冷めた目で見ていた。感動する視点は人...

無理のない住宅ローン

-
収入が減っても今更転職する気は無いと言う夫。この先の生活が不安になるばかりだが改めて考えてみると、私が鬱の期間は私のパート収入も無く、今と同じ――もしくはそれ以上に収入が少なかったように思う。それでも何とか暮らしていた。というより、私自身は収入の事など気にする余裕さえ無かった。それまであった貯蓄を崩していたので、本当に夫の給与収入だけで暮らせていた訳ではないが、収入が減れば無いなりの生活をするように...



よく読まれている記事