ココロのおうち。








身内になるのに他人事のような結婚

-
義母から連絡があり、義兄が来るから私達夫婦も実家に来て欲しいと言う。私は気分が最悪で誰かと会話をする気になれなかったが、何日も体調不良を理由に断ってきた為、これ以上は無理だと思った。あまりいつまでも避け続けると、義母の方からうちの家に来かねない。それで仕方なく夫と二人、義実家に行ってきた。義実家につくと義兄はまだ来ていなかった。時々義母から聞いていたが、どうやら義兄は再婚するらしい。今日も相手の女...

いつか処分するのは私の仕事

-
今朝早くから、実家の母からラインが届いた。「雛人形を片付けるから来て」私が断る事を前提としていない。来るのが当然だと思っている。「一人で片付けられないの?」と返信すると、「無理だから」と返ってきた。自分一人で片付けられないのなら、どうして毎年出すのだろうと思う。さらに母は毎年、「雛人形を出しました」と友人や知人に連絡をする。すると連絡をもらった人達は、わざわざ雛人形を見る為にうちの実家に来てくれる...

私が欲しかったもの

-
――前回の続き。父から渡されたもの昨年、実父が亡くなった。体調が悪く入院してからあっという間だった。kokouchi.com父から手紙を貰ったのなんて生まれて初めて。いつの間にこんな手紙を書いたのだろう?私は手紙を読み始めた。手紙には、私が子供の頃にどれ程可愛かったかという思い出話がいくつか書かれていた。その手紙の中の私はまだ3歳児で、歩けばキュッキュッと音が鳴る靴を履いていて、その後ろ姿がひよこみたいだったら...

父から渡されたもの

-
昨年、実父が亡くなった。体調が悪く入院してからあっという間だった。両親が離婚してから父とは滅多に会う事が無かったし、父と同居する女性がいると知ってからは気持ち的にも遠のいた。家族4人で一緒に住んでいた頃も、私達家族は互いに心をさらけ出して会話をする事がなく、一人で感情的になっている母と、それをサラッと聞き流す兄、どこかに行って帰ってこない父、そして母の言葉を真正面から受けとめてしまう私…という4人だ...

長男のくせに

-
昨日のブログの内容に対し、正反対のコメントを頂き苦笑してしまった。若い女性とは同居したくないらしい完全に仕事を辞めて毎日家にいるようになってから、ますます親の干渉(又は依存)が強くなった。kokouchi.com「もっと自己主張して親と距離をおけば?」と言う人もいれば、「子供がいなくて暇なのだから介護ぐらいすれば?」と言う人も。あまりにも真逆な意見で、ブログを書いていると、人の価値観はそれぞれなのだと実感する...

本当はしなくてもいい事

-
ようやく正月が終わり、日常が戻ってホッとしている。正月に凄く大変な出来事があった訳でも無いが、年末年始にかけての雰囲気が落ち着かない。以前、心屋さんの「お母さん、年末、実家に帰らなければダメですか?」という本を読んだが、このタイトルこそ私の心を表している。お母さん、年末、実家に帰らなければダメですか?−−もっとラクに! もっと自由に! ワクワク輝いて生きるために大事なこと結局私は今年も自分の実家、夫の実...



よく読まれている記事