病気になっていないから言える事

-
最近芸能人が乳がんを公表した――というニュースをよく目にする。以前から乳がん患者が増えていると感じていたが、近頃は公表する人も増えてきた為、余計にそう感じる部分が大きいのかもしれない…と思おうとしていた。が、これ程続くとやはり乳がんは他人事ではない…と実感する。何度も何度も乳がんのニュースを見ていると、いずれ私もその病気になるのだろう…と諦めにも似た気持ちになる。もしそうなった時、私には耐えられそうも...

夏の電気毛布と熱中症

-
夏は月経困難症が悪化する。どれだけ気を付けていても、エアコンや薄着になる事で体が冷えてしまうから。ここ2~3ヶ月、激痛と吐き気と眩暈で、毎回その度に寝込むような症状が続いていた。せめて痛み止めが服用出来れば良いのだが、私は副作用の為痛み止めが服用出来ない。なのでひたすら耐えるのみ。今回も覚悟して出来るだけ体を温めて過ごしていたが、昨日はあまりの痛みに動けなかった。いつもはソファで横になるが、昨日は夫...

罰が当たったのかもしれない

-
今日は朝から何か変だと感じていた。寒気がして鳥肌。体が怠くて動いていてもすぐ横になりたくなる。夏バテと言うには早過ぎる。自堕落な生活をしているから、自律神経が乱れているだけだろう――そう思っていた。しかし昼を過ぎたあたりから、徐々にハッキリと腹部の痛みを感じ始めた。キューッと差し込むような痛みがあったかと思ったら、しばらくすると痛みが消える。その繰り返し。最初はそのうち治るだろうと思っていたが、徐々...

老化の予感

-
目薬をさそうとして、ハッとした。よく見るとそれは目薬ではなく、犬の点耳薬だったのだ。危ない…うっかりしていた。まさかこんな間違いをするなんて。私が使用している目薬と愛犬が使用している点耳薬のサイズ、形は似ている。そしてどちらも冷蔵庫のドアポケットに入れており、ボンヤリしていた私は無意識に点耳薬を手に取ってしまっていた。もし気付かずそのまま目にさしてしまっていたら…と思うとゾッとする。さらにそのドアポ...

夏にこそ電気毛布

-
今回も生理痛が酷い。こんな時は動かずじっと毛布に包まるのが一番。毛布といっても普通の毛布ではダメだ。電気毛布でしっかり温める事で、徐々に血流が良くなり痛みが和らいでくる。昨夜も電気毛布の温度を「強」にして足を包み、その上からさらに厚手の毛布をかけ、ソファに寝転び痛みに耐えた。1~2時間経つとようやく激痛から鈍痛に変わる。足の表面だけでなく、体内からポカポカと温まってくるのと比例して痛みがどんどん消え...

自分で自分の歯を割る

-
歯の定期健診に行った。鬱病以来、何度行っても慣れない歯医者。だが虫歯を作ってしまうと治療がもっと辛くなる為、サボらずに通うようにしている。歯科医の指示通り、日常の手入れも念入りに。歯磨きには時間をかけ、フロスやマウスウォッシュも欠かさない。なので毎回定期健診では、「よく磨けています。歯石がないですね」とお墨付きを貰っていた。だが今回は違った。最初にチェックしてくれた歯科衛生士が、「うーん」と唸りな...



よく読まれている記事