ココロのおうち。








***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ




誰も頼る人がいないのに病気になってしまったら

-
耳鼻科を受診した時の事。私が診察室から出てくると、待合室にそれはもうかなり辛そうな女性が一人いた。40~50代ぐらい。私と同年代に見えた。顔を手で覆い、微動だにせず目を閉じている。隣には付き添いらしき男性がいた。今にも嘔吐しそうな雰囲気だったので、周囲にいた他の患者も一定の距離をとり、静かに様子を見ていた。私も一瞬その様子を目にしたのだが、あまりにも苦しそうな姿を見ていると自分まで吐気が増してくるよう...

老後に一緒に住みましょうと誘われる

-
社長姉と会った時、遺産の話だけでなく老後の話題にもなった。社長姉は独身子なし。私は既婚とはいえ子なしは同じ。私が言うのも何だが、社長姉も到底人付き合いが上手な人には見えず、友人も知人も少ない様子。出るべきか無視するべきか。迷った昔の知人からの電話意外な人からスマホに電話がかかってきた。表示された名前を見て、十数秒間悩んだ。kokouchi.comすると社長姉が、そのうち家を建てたいと言い始めた。社長姉は現在一...

同じ日に重なり夫婦共倒れ

-
漢方薬を服用し始めてから、やや月経に伴う辛さが改善しつつあるかも…と思っていたが、今回はまた逆戻りした感じ。いつもなら徐々に出血が増え始めるのが、今回は突然の大量出血で頭痛や吐き気や痛みで悶え苦しんだ。ここ最近、冷え対策を油断してしまったか…。ずっと電気毛布の中に包まっていたいが、昨日はそうもいかなかった。夫がワクチン接種の二回目を終え、かなり辛い様子。「寒気がする。これは絶対に高熱がある」と言い熱...

付き添いなしで通院する老人

-
今日は婦人科の受診に行ってきた。この歳で恥ずかしいが、本当に病院に行くのが苦痛で仕方がない。今日は内診もなく結果を聞きに行くだけだと分かっているのに、それでも憂鬱でたまらなかった。なので嫌な事は早く済ませてしまおう!と、病院が開く時間に合わせて家を出た。きっと自分が一番だろう…と思っていたのに、既に5~6人が待合室に座っていて驚いた。そしてその中には珍しく高齢の女性がいた。80歳…90歳近いだろうか。腰が...

在宅ワークに必要なコミュニケーション能力

-
指の痛みが治らない。半年以上も治らなかったのだから今更治る事がイメージも出来ず…。洗濯物を干す時も、車のドアを開ける時も、靴下を履く時も、指に少しでも力が入るとズキッと痛みが走る。こうしてパソコンを打っていても、何となく痛い。しかし早く仕事をせねば…と焦るばかり。昨夜、ネットで在宅ワークの仕事を探した。家の近くで探すとなかなか無いが、地域問わず幅を広げて見ると、それなりに在宅ワークの求人があった。特...

老後に一人で住む事と、天涯孤独との違い

-
最近見ていた韓国ドラマ「結婚作詞 離婚作曲」をようやく見終わった。韓国ドラマは話数も時間も長いので、やや疲れてきたところで最終話となり、ホッとしていたら何と、「シーズン2につづく」というラスト。思わず、頑張って視聴した時間を返してくれと思った。一生一人の人を愛し続ける事が出来ない夫久しぶりにネットフリックスでドラマを見ている。「結婚作詞 離婚作曲」という韓国ドラマ。kokouchi.comそしてドラマの感想と...



よく読まれている記事