ココロのおうち。





帰って来る人がいるという事

-
昨日、愛犬のシャンプーをして、部分的にカットをして、乾かして…と、手入れを終えて立ち上がろうとするとグキッと腰に強い痛みが走った。犬も長時間は耐えられないので、出来るだけ手早く終えたつもり。なのでそれ程長時間かかった訳ではないのだが、しゃがんだり中腰だったり、無理な姿勢が続いた事により、腰が悲鳴を上げてしまった。愛犬はすっきりした様子で珍しく飛び跳ねるように歩いていたが、私の方は亀が這うような状態...

老後に相談する相手がいない時どうする?

-
義母が腰の手術をするべきかどうかで悩んでいる。どうしてもしなければならないと医者に言われた訳ではなく、「生活に支障があるなら手術をしてもいいかもしれません」という曖昧な提案があっただけ。しかし日々痛みがある義母の不安は膨らむばかりで、今すぐ手術しなければ歩けなくなるのではないかと心配している。でも見る限り、普通に歩けているし、急いで手術をするまでも無いのでは?と思うのだが、痛みに関しては本人にしか...

子なし主婦が40代から手に入れる壮大な趣味

-
いとうまい子さんの記事を読んだ。▶いとうまい子「アイドルだった私が遺伝子の研究者になるなんて」何気なく読み始めたが、とても興味深い内容で引き込まれた。元々テレビや芸能人にあまり興味がなく、先日書いたように最近はますますテレビ離れになっている私。中高年でもはまるユーチューブ最近ほとんどテレビを見なくなった。元々無意味にテレビがついている状況が苦手kokouchi.comいとうまい子さんについてもほとんど知らず、...

老後に一人で生きていくという事

-
年齢と共に、健康の話や老後の話を夫とする事が増えた。先日も夫と老後もし一人暮らしになったら…という話をしていた。「一人になったら本当に誰とも関わらず暮らすと思うわ」そう私が言った。私がもし一人になれば、今以上に誰とも関わらないだろう。可能であれば近所付き合いが無さそうな団地に引っ越しするかもしれないし、その頃親がいなければ兄とも連絡を取り合う事が無いと思う。体が動く限り、極力介護サービスも利用した...

中古物件を見に行く

-
前回も書いたように、私は住宅情報を見るのが習慣になっている。そんな中で気になった物件があれば時々夫に見せ、「これいいよね」と二人で話したりする。でもただそれだけ。実際に行動に移せる程、やはり資金が無い。そんなある日、夫がある物件の情報を私に見せた。築年数はうちの家より更に10年以上古いのだが、家や土地が広くなり、何より価格が安かった。夫は仕事関係の知人から「誰か買ってくれる人がいないか」と言われたら...

子なし引きこもり主婦がパートで働いてみたら

-
私のような子なしの引きこもり主婦は、働かなくてはいけない気がしている人が多い。経済的に困っている人は当然だが、そうでなくても家にいてはいけない気持ちになる主婦が多いと思う。やはりそれは周囲の目なのか、子供もいないのに、まだ働ける年齢なのに、親の介護が大変な訳でもないのに…といった、まさに私も同じような視線を感じながら暮らしている。「どうして働かないの?」と今まで何度聞かれた事か分からない。たとえ在...



よく読まれている記事