***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ




仏壇なし、墓なし、遺骨を自宅供養にする理由

-
仏壇も墓もなし今日は義母と会ったのだが、義母が知人の事を話し始めた。知人は義母と同年代の女性だが、少し前にご主人を亡くされ、現在は一人暮らし。義母とはそれ程親しい関係ではないらしいが、家が近い事もあり、仏壇に線香を供えさせてもらおうと思い自宅に行ってきたらしい。「それがね、驚いたわよ」と義母は興奮気味に言った。「仏壇が無いの!遺骨だけがそのまま家の中にポンッと置いてあるのよ!」そう言いつつ、「あれ...

サポートセンターに怯える私と、ユニクロで支払いが出来ない夫

-
昨日、パソコンのサポートセンターに電話をする前、「嫌だなぁ…」と躊躇した。ネットに繋がらない!ブログも書けなくなるかと焦った朝今朝、起きてからパソコンをつけて困った。kokouchi.comというのも、最近ますますデジタルについていけない自分を自覚している。果たしてサポート担当者の言う言葉を理解出来るのか?指示された文字をスラスラと入力出来るのか?不安しかなかった。そしていざサポートを受けてみると、やはり時々...

ネットに繋がらない!ブログも書けなくなるかと焦った朝

-
今朝、起きてからパソコンをつけて困った。ネットに繋がらない。だがこういう時もあるので、最初は焦らず「またか」と思いつつ再起動をしてみた。だが繋がらず、ルーターを再起動してみたがやはりダメ。時間をおいて再チャレンジしてみても…やはり解決しない。それで念の為、スマホをwifiに繋いでみると…あれ?繋がっている。さらに夫のパソコンでも確認すると、何とこちらも繋がるではないか。ここでいよいよ焦りだした。私のパソ...

仲が良い夫婦程、死別した後は再婚するのが早い

-
死別後の再婚先日、ドラマを見ていたら印象的なセリフがあった。「仲が良い夫婦程、死別した後は再婚するのが早い」というもの。あまりにも相手への想いが強過ぎて、失った後にその喪失感を埋めてくれる人がいないと生きていけないらしい。これには賛否両論あるだろう。そんな事はない、相手への愛情が深いからこそ、他の誰も喪失感を埋める事は出来ないだろう。すぐに代わりの人を見つけるなんて、亡くなった人が可哀想。所詮それ...

今までありがとう。感謝の気持ちでいっぱいになった

-
歯の定期健診に行ってきた。私は10年程前に、どうしても治らない歯の痛みで悩み、病院を転々としていた時期があった。原因不明の歯の痛みもう何週間も歯の痛みに悩まされている。kokouchi.com何ヶ月も痛い歯を抱え、ようやくたどり着いたのが今の担当医。この医師に高度な治療を受け、嘘のように治してもらった。それ以降、この医師以外の治療は怖くて受けられず、歯の治療はずっとこの医師を頼ってきた。医師の退職すると今日、私...

全面リフォームされた物件情報が届く

-
物件情報が届く不動産会社から封筒が届いた。以前お世話になった事がある会社。お世話になったといっても不動産を売買した訳ではなく、ただ中古物件の内覧をさせてもらっただけ。2~3年前だっただろうか。当初は何度か紹介の連絡があったが、本気で購入する意志が無いと思ったのか、その後はずっと音沙汰が無かった。それなのに今頃わざわざ書類を送ってくるなんて、何だろう?不審に思いつつ開封すると、物件情報の広告が一枚入っ...



よく読まれている記事