いきなり在宅勤務での採用は難しい

-
求人の確認の為にハローワークに行った時、あまりの人の少なさに驚いた。しばらくハローワークに行っていなかったので久々だったが、それにしてもほとんど人がいない。検索機の前にも2人程座っていたが、以前来た時には順番待ちだったのが嘘のようだ。やはりこれはコロナの影響か。徐々に外出自粛が解除しつつあるが、それでも急に元通りという訳にはいかない。ハローワークの受付でも、担当者と相談者の間は透明のシートで仕切ら...

ハローワークの求人に応募しようとしたら

-
何か少しでも働かなくてはと焦っている。コロナやゴールデンウィークなどで、世間の皆も家にいる為、どこか自分にも言い訳が出来た5月の前半。だがそれも過ぎ、コロナの外出自粛が徐々に解除されたり、ゴールデンウィークも明け日常が戻りつつある。コロナに関してはまだまだ先が長そうだが、今までのように徹底して家にいるのが良しとされるのは終わりそうな気がする。そんな世間の様子、近所の動きを見ていると、心がざわつく。...

退職後に知るその人の別の顔

-
前の職場のパート、倉田さんから電話があった。着信スルーが出来ないスマホ最近また不眠症気味。昨夜もよく眠れず、.kokouchi.comどうしようか迷った末、やはりこのまま放置するのは気が引けるので、しばらく時間が経った後、こちらからかけ直した。「すみません、先程は電話に気付かなくて…」「あ~!こちらこそすみません!でも電話を頂けて良かったです!」前回電話を貰った時もそうだったが、この倉田さんは私が電話に出るだけ...

見知らぬ番号からの着信

-
昨日、見知らぬ電話番号からスマホに着信があった。誰だろう…。一瞬迷ったが、私はその電話に出た。「はい」と私が出た瞬間、「良かった!電話に出てくれてありがとう!」と電話の向こうで興奮気味の声が聞こえた。誰?と最初は分からなかったが、相手が言った。「突然電話をしてごめんなさい。私、〇〇の倉田です」彼女は先日私が退職した会社のパート主婦だ。だが本当に突然の電話で驚いた。倉田さんは苦手なタイプでは無かった...

最後の挨拶、マスクの別れ

-
今日はパートの最後の出勤日だった。と言っても最近ほとんど出勤していなかったので、最後だという感傷的な気持ちよりも、久々に行く緊張の方が強かった。何より挨拶のスピーチが苦手な私は、一言二言とは言え、皆に注目される事が憂鬱で…。が、今回は今のコロナの状況に救われたというか。挨拶をしていても、皆がマスクをしているし、私自身もマスクで顔が覆われている。この事でかなり緊張感が軽減された。意外なところでマスク...

不要な人は一人でも出勤して欲しくないのが本音

-
少し前に職場から電話がかかってきて、「今こういう状況なので、ころりさんに休んで頂いてもいいのですが、どうされますか?」と聞かれた。コロナ感染対策として、休んでも良いけどどうする?と言うのだ。私からは何も聞かなかったが、多分他のスタッフは今まで通り出勤している。在宅勤務に切り換えるのは難しいだろうから。私の場合、在宅勤務ではなく、単に欠勤になるだけ。私はもうすぐ辞める人、週にたった1~2日しか来ない人...



よく読まれている記事