在宅ワークが最強

-
今日は仕事の出勤日だった。とりあえず月経は終わったのでその症状から解放されたが、先週からお腹が緩くてすぐに下痢になってしまう。精神的なものなのか、冷えているのか、どこか悪いのか…。そんな状態なので家で寝ていたいのが本音だが、今の仕事も勤めるのはあと少し。滅多に行かないというのもあり、少々の事では休みづらい。それも、この会社ではこのコロナ騒ぎでも在宅勤務に切り換えている人がいない。コロナ騒ぎになる前...

遂に退職届を提出

-
今日は遂に、パート先に退職届を提出した。いつもの上司に渡したのだが、上司は「そんな事言わず頑張って下さいよ」と言い、「収入が問題なら正社員になるという手も…」とまで言い始め、今まで何度か私が上司に伝えてきた、何がしんどいのかという事が上手く伝わっていないと実感した。収入を増やしてもらうより、今まで通りの勤務時間で、それに見合った仕事内容にして欲しかった。だがパートにはパートのテリトリーがあり、今更...

一難去ってまた一難

-
相変わらずパート先での仕事の負担が重い。それこそ正社員でもっと時間をかけて全体を把握出来るならまだいいが、久しぶりに出勤したというのにあれこれ質問されたり指示をするように言われても私には無理だ。その上他のパート達の風当たりも強く、私の孤独感は増すばかり。だが今回任された仕事もそろそろ終わる。ようやくこの負担から解放される…と思っていたが、そうではなかった。今日会社に出勤すると、上司からまた別の案件...

在宅ワークへの偏見

-
少しでも社会と関わらないといけないとか、人と会話しなくてはいけないとか、そんな考えで自分を追い詰めても苦しいだけ。無理をするのはやめよう。出来ない自分を受け入れよう。この先は静かに穏やかに家の中だけで過ごすのだ。これはただ逃げているだけかもしれない。いや、かもしれないではなく、逃げている。だけど自分の年齢と、あと何年働けるのか考えると、そんな事どうだっていいじゃないかという気持ちになる。世間的には...

40代以降の再就職に最も重要な事

-
何年か前までは、まだまだ外で働きたい願望があった。自分の居場所だと感じられる場所をいつか見つけたい、見つけなくてはと思っていた。だが今ではそんな気持ちはほとんど消えている。たった週に2日だけでも人と関わる事に疲れてしまうのと、自分の知識や能力の衰えを痛感しているから。少し前に転職サイトを読んでいたら、40代以降の再就職について書かれていた。資格や知識も大切だが、この年齢になってくると何より重要なのは...

過去の栄光は過去のこと

-
久々に仕事の日。職場に行くと、見慣れないおじさんがいた。年齢は明らかに60歳は超えていそう。だがデスクでカチャカチャとパソコンを入力している様子は慣れていて、ずっと以前からその席にいたかのように馴染んでいる。隣にいたパートに聞くと、最近入社した契約社員らしい。と言ってもあの様子ではかなりの経験者だろう。するとその60代男性は突然立ち上がり、気後れする事なく社員達の席に近付き、次々と質問したり意見してい...



よく読まれている記事