ココロのおうち。





同居するのは双方にとってメリットでしかない

-
今回の大雨災害のニュースで、また義母の同居熱が再熱している。朝から体調が悪いと連絡があり、「病院に行きますか?」と聞くと、とりあえず不安だから来て欲しいと言われた。どこがどう悪いのか電話ではよく分からず、様子を見に行くといつものように不安からくる動悸、眩暈の様子。もしくはただ甘えているだけか。義母はこういった災害がある度、「老人の二人暮らしは不安」と私に泣きつく。ここしばらくはその言葉を聞く事も減...

義母を抱きしめたいという感情

-
熊本の豪雨被害の様子をニュースで見た。昔では考えられなかった大規模な災害。今では誰もが他人事ではない。そのニュースを見ている時、災害の大きかった老人ホームが映されていた。その施設に入所している老人の親族という方が、心配して様子を見に来ていた。インタビューに答える様子を見ていると、どうやら入所している老人の息子の妻らしい。入所者の中では今回の災害で亡くなられた方も多く、その女性は義理の母の安否が心配...

若い女性とは同居したくないらしい

-
完全に仕事を辞めて毎日家にいるようになってから、ますます親の干渉(又は依存)が強くなった。夫の親も実家の親も。これは予測していた事だが、それにしても頻繁な電話や呼び出しが重く、「だけど毎日家にいるだけの専業主婦なのだから、これぐらい我慢しなくては」と自分に言い聞かせている。その一方で、堪り兼ねて電話の音を切ってみたり、メールの着信をあえて開かなかったり。逃げようとする自分もいる。少し前から完全に昼...

完全無視から会話するまでの道のり

-
昨日の記事に対し、「義母の態度に驚いた」というコメントを頂き改めて、普通では無いよね、と実感した。彼女らしき存在先日の父の日。持ち帰りの寿司を購入し、義実家に行った。...kokouchi.comそういう私も義母と初めて会った時、完全無視をされた。全く目を合わせてもらえず。結婚前なのでかなり昔の話だが、インパクトが強く未だに忘れる事はない。その時は今の夫が「○○さん」と私を紹介してくれて、私も「初めまして、こんに...

彼女らしき存在

-
先日の父の日。持ち帰りの寿司を購入し、義実家に行った。義母と違い、義父は父の日に物を渡そうが、逆に忘れていようが、特に興味が無いようなのでこちらも気が楽だ。適当に一緒に食事をして帰ってくるつもりだったのだが、途中で意外な人が義実家に来た。なんと、義兄。連絡も無く突然来たらしい。義兄と会ったのはかなり久しぶりだった。離婚してから全く実家に寄り付かなくなったと義母は言っていたが、実はこうして時々顔を見...

嫁に頼りたい人、頼りたくない人

-
今日は義母の通院に付き添った。コロナの前に比べると、待合室で待っている患者数が少なく、待ち時間が短く済むのがいい。少し前にも義母の知人に、「病院に行くなら今がチャンスよ」と言われた。待ち時間が少なかったり、再診など場合によっては、診察なしで薬の処方だけお願い出来るので簡単で楽だと言う。義母の場合は診察が必要だが、それでも待ち時間が短くなったのはかなり楽だ。自粛生活も解除され、徐々に元の生活に戻りま...



よく読まれている記事