気付けば11時間

-
先日、あまりの眠さに19時頃にソファで横になった。夕食は早く終わり、片付けはまだだったが少し仮眠してから後で片付けるつもりだった。しかし…次に目が覚めたのが朝の6時頃。11時間、一度も目が覚めずに眠り続けていたなんて…珍しい。それもいつも悪夢を見て眠りが浅いのに、この日はグッと深く眠っていたような気がする。目が覚めた後も頭がボンヤリとして、寒さもありまだ毛布に包まっていたい気分だった。それにしても…夕食の...

汚い心と美しい部屋

-
仕事や親との関係が上手くいかず、ストレスが溜まると眠りたくなる。眠る事で考えない時間が出来るし、現実逃避する一番の方法だから。しかし目覚めた後には、「何やっているんだろう、私」とか、「時間を無駄に過ごしてる」という罪悪感が待っている。当然だ。ただ眠っていただけで現実は何も変わっていない。それで時々、眠るのをやめて、あえて動いてみる事もある。動くといっても、ただ掃除や洗濯をするだけ。しかし主婦として...

生活危機感の無い女性達

-
昨日の記事で書いた障害年金で生活している人達。普通に生きるのを諦めて年金で暮らすーー前回(▶そちら側に行けない)の続き。そして彼女達は言った。「心身を傷めてまで無理しなくても生活は何とかなるものです」...kokouchi.comその生き方や考え方が受け入れ辛いと思う一方で、私はどうしてそんなゆとりのある生活が出来るのか興味があった。それ程年金額が多いのか?それとも今までの貯蓄があるのか?人の財布事情は聞き辛いが...

普通に生きるのを諦めて年金で暮らす

-
ーー前回(▶そちら側に行けない)の続き。そして彼女達は言った。「心身を傷めてまで無理しなくても生活は何とかなるものです」無理して働こうとしたり、親の介護をしなくても、まずは自分が楽なように生きればいいのでは?それでも生きていけますよ、と言う。聞いていると、彼女達3人とも障害年金を受給しているらしい。精神障害者として。さすがそれには驚いた。私は精神障害者として年金を受給している人達は、誰が見ても分かる...

そちら側に行けない

-
――前回(▶ただそれだけ、それ以上は期待しない)の続き。美智子さんが言った。「この前のラインで元気が無かったので心配だったんです。大丈夫ですか?」もしかしたらその事が気になってこの日わざわざ私に会いに来てくれたのかもしれない。「まぁ…色々ありますよね」私はぎこちない笑顔を浮かべた。しかし美智子さんは真剣な表情で、「無理してはダメですよ」と言った。確か前回のラインでも同じような事を言っていたような気がす...

作り笑いをする余裕さえなくて

-
今日の午前中、義母の通院に付添い、その帰りに一緒に買い物を済ませて家まで送った。私は車から荷物を下し、「私は帰りますね」と言うと、「え?どうして?中に入って行って下さいよ」と義母に言われた。この1年、義母との買い物や通院の後は、当然のように義父母の家に上がり、しばらく話し相手をして帰宅するのが決まりになっていた。しかしここ最近私は本当に心が折れている。今日も義母と話していても、気持ちが不安定で早く...



よく読まれている記事