ココロのおうち。





貧乏の基準

-
ネットを見ていて、「ペットを飼っている人は貧乏とは言えない」と書かれていたのを見て、以前私も似たような事を言われたと思い出した。ある人と話していた時、その人が貯金もなくて貧乏暮らしだと言うので、私は「私も同じですよ」と言った。すると彼女が、「犬を飼っているのに貧乏じゃないでしょ」と言った。本当に貧乏な人は犬を飼おうなんて思いもしないと。確かに。特に老犬になると通院回数も増え、病院代だけでかなり費用...

骨肉の争いの末の大金持ち

-
今日は久々に知人と会った。昔の職場の女性上司。今はその人も退職し、現在は専業主婦だと言う。「ちょっと相談があるんだけど…」今朝突然電話があり、そう言われた時には不思議だった。「一体私に何の相談があるのだろう?仕事をしているのならともかく、今は専業主婦になったその上司が私にどんな話があるのか想像もつかなかった」しかし私は即答した。「いいですよ」久々に誰でもいいから女性同士で話したかったのかもしれない...

40代で生命保険の見直し

-
「早く考えなくては」ずっと気になっているものの放置しているのが生命保険。書き換えたいと思いつつ、複雑な契約条件を調べるのが億劫でついつい後回しになり、気付けば何年も過ぎている。皆どんな保険に入っているのだろう?他人の貯蓄や保険の事については気になるが直接聞く訳にもいかない。時々パート先などでそんな話題をしているのを見かけるが、皆が互いに探り合いながら会話しているので、具体的にどんな保険に加入してい...

宝くじに当選

-
宝くじに当選した。嘘でしょ?まさかそんなはずはない。パソコンの画面を見つめ、何度もその手に持った宝くじの番号を確認した。何度確認しても合っている。信じられないが突然大金を手にしてしまった。当選金額はなんと1億円。胸がドキドキし、手が震えていた。夫に報告するべきか?本来はするべきだろう。だが夫がこの事実を知ってしまえば、すぐに仕事を辞め、今後働く事はないように思う。私はたとえ大金を手に入れても夫には...

ねんきん定期便

-
「たったこれだけ?」夫が驚きと落胆の声を出した。「……少ないよね」見ないフリ、気にしないフリをしていた私だが、その声を聞いて改めてその少なさを実感させられた。夫が手にしていたのは「ねんきん定期便」。不定期に送られてくるのかと思っていたが、実は誕生月に送られているらしい。気付かなかった。送られてきた時には一応開いて確認するが、すぐ閉じた。深く考えないでおこう。忘れてしまいたい。将来への不安が膨らむだけ...

万引き家族

-
先日観た「未来のミライ」が期待外れだった私。(→未来のミライ)今回アカデミー賞にノミネートされているもう一つの作品、「万引き家族」。とても話題になっていたし、公開当初はパート先の主婦や義母までもが、「私も観たい」と騒いでいたので、逆に私は抵抗があった。相変わらずの天邪鬼。それに私は是枝監督の作品が苦手だった。重いというか、リアル過ぎるというか。全ての作品を観た訳ではないが、「誰も知らない」「歩いて...



よく読まれている記事