ココロのおうち。

引きこもりの子なし主婦。日々のココロの声を言葉にします。








この年齢からこそ欲しいもの

-
今回の月経は久々に辛かった。若い頃から月経痛には悩まされてきたが、最近は若い頃よりは我慢できる程度になってきていた。改善したというより、足やお腹を温めるコツのようなものを分かってきたからかもしれない。しかし今回はかなり痛くて、吐気がする程。それもその日、私は予定があり外出しなくてはならず、いつものように電気毛布に包まっている訳にはいかない。私は痛み止めの副作用が出る為に服用出来ない。我慢して我慢し...

身軽になった気がしない

-
よく分からない不正出血が止まったかと思ったら、今朝から生理が始まった。これは迷う事なく生理。月経前の下腹の鈍痛がいかにもだし、ほぼ予定日でもある。やはり先日からのダラダラと続いた出血は月経とは別の不正出血であり、生理が予定通りきた事にとりあえずホッとした。それにしても何だかんだと常に出血しているような気分。これでは貧血の数値が上がるのかどうか…。昨夜も何度も目が覚め、暑くて頭がのぼせたり、寒くて震...

予想とは違う反応

-
微熱だ眩暈だと騒いでいるうちに、ふと気づけば首や背中の痛みが気にならなくなっていた。完全に消えた訳ではないが、一時期には背中に亀の甲羅を背負っているかのように、ガチガチに固まっているような感覚があったのが、今は時々痛む程度。あれ程居ても立っても居られない辛さだったのに。そう考えると、あれもこれも精神的ストレスからきているのかもしれない。今は熱を測らないようにしている。倒れない限り、気にしない事。私...

自分は呑気で恵まれた主婦なのだ

-
昨夜も暑くて寝苦しく、扇風機を朝までつけっ放しにした。エアコンをつけたいぐらい暑くてたまらなかったが、今は夫と同じ部屋に寝ている為、夫に聞くと「そこまで暑くない」と言われてしまい、一人扇風機の風にあたった。元々夫が暑がりで私は寒がりのはず。なのに今は体感が逆転している。車で一緒に出掛けても、私はエアコンの温度を下げる。一方夫はそれが寒いらしく、風が体にあたらないように風向きを変えている。まさにこれ...

私は精神疾患のある神経質な人

-
―――前回の続き。総合病院の受付でストップ眠れない夜と寝汗、喉のヒリヒリ感は相変わらず。.kokouchi.comこの病院は紹介状優先だが、無くても受診は出来る。しかし受付の看護師は、「まず個人病院を受診してきて下さい!」と言った。何だかとても口調が強く早口で、思わず怯んでしまいそう。そこで私は経緯を書いたエクセル表を取り出し見せた。そこには個人病院を受診した日付や服用している薬を書いている。それを見た看護師は、...



よく読まれている記事