ココロのおうち。

引きこもりの子なし主婦。日々のココロの声を言葉にします。





***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ


***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など






「私は死ぬのが怖くない」なんていう言葉は聞きたくない

-
AC
死について語り続けた母実母と会った時、いつものように母は「死」について話し始めた。私が聞きたくない話題上位に入る。私は子供の頃から、死について母から色んな話を聞かされてきた。「私は長生きしたくない」「いつでも死ぬ準備は出来ている」「この前死のうかと思った」「延命治療はしないで欲しい」そんな話ばかり。私はそんな話を聞く度、母がいつか本当に自殺してしまうのではないかと怖かった。なので私は結婚してからも...

子供なんていてもいなくても同じ。そんな子供ならいない方がマシ

-
客観的に話が聞けない今日も実母と会いイライラMAXのまま帰ってきた。精神病院でのカウンセリングでは、母と上手く関わっていく為に、話を真正面から受け止めない事を勧められる。「あぁ、またあんな事を言っているな」そんな感じで客観的に話を聞くと、こちらの心を乱されないと。そう説明された時には、「なるほど、そうしよう」と思ってはいたのだが、いざこうして母と会ってみると、いつの間にか母の沼の中に引きずり込まれて...

在宅ワークのweb会議が不安。社会不安障害の私でも出来る?

-
在宅ワークのweb会議が不安本当に人との会話がより下手になってしまい、web面接なんて出来るのだろうかと不安でならない。画面を見たら想像以上に酷いおばさんが映っていた在宅ワークを探してここ最近、ずっと在宅ワークを検索している。kokouchi.comだがまだ面接だけならいい。それよりも私が不安なのが、求人の多くにweb会議があると表示されている事。月に数回だったり、毎週だったり、中には毎朝という求人もある。私が今まで...

画面を見たら想像以上に酷いおばさんが映っていた

-
在宅ワークを探してここ最近、ずっと在宅ワークを検索している。今も既に在宅ワークを請け負っているが、徐々に仕事が減ってきてしまい収入も激減してきた。そこで別の在宅ワークを幅広く検索しているのだが探せば探す程、「あ、こんな求人もあるのね」と次々と出てくる為、本当に以前に比べると在宅勤務制度が広まったように感じる。これはコロナの影響がかなりあるだろう。だが似たような求人を次々と見つけたものの、いざ応募す...

自宅で亡くなるという事。一人で静かに見送るのは許されない

-
自宅で亡くなるという事近所の方の自宅出棺でお見送りをし、関わりのない私が行って良かったのだろうか…という思いが残った。関わりのない人の自宅出棺。それでもお見送りは必要なのか?近所の住人の訃報近所の方が亡くなられた。kokouchi.comそしてそれと同時に、私は自分が遺族と同じ立場になったらどうしようという不安にも包まれた。今回の故人は自宅で亡くなられたらしい。病院で最期を迎えるのは嫌だと言って。それを聞いた...



    よく読まれている記事