ココロのおうち。

引きこもりの子なし主婦。日々のココロの声を言葉にします。





子なし主婦は孤独で引きこもりになりがち

-
先日、義母が私に言った。「私は子供がいて本当に良かったわ。こうしてお嫁さんに来てもらえて、寂しい思いをしなくて済んでいますからね」聞いた私の心境は微妙。どうやら義母の知人で子供がいない人がいるらしく、その人が最近ヘルパーを利用し始めたと聞いたらしい。義母は私に感謝の気持ちを伝えるつもりで言ったのだと思うが、それを言う相手である私には子供がいないという事を忘れてはいないだろうか。「嫁が来てくれるから...

嘘をつくから嫌われたまま

-
久々にパートに出勤した。最近では会社に行ってもほとんどする仕事が無い為、出勤というより在宅で仕上げた仕事の納品の為に行っているようなもの。今回も出勤途中、頭に浮かんだのはあの50代の新人パートの事。孤独でも逃げない人久々にパート先に出勤した。前回の出勤日から日数が経ち過ぎてしまい、この時期どんな洋服を選べば良いのかしばらく悩んだ。...kokouchi.comまだいるのかな…いや、あの人ならきっと続いているだろう…...

病気になっていないから言える事

-
最近芸能人が乳がんを公表した――というニュースをよく目にする。以前から乳がん患者が増えていると感じていたが、近頃は公表する人も増えてきた為、余計にそう感じる部分が大きいのかもしれない…と思おうとしていた。が、これ程続くとやはり乳がんは他人事ではない…と実感する。何度も何度も乳がんのニュースを見ていると、いずれ私もその病気になるのだろう…と諦めにも似た気持ちになる。もしそうなった時、私には耐えられそうも...

私は想われていると声に出す悲しさ

-
実家の母から電話があった。「元気なの?連絡がないから心配していたわよ」そう言う母とは一週間前に話したばかり。どれ程頻繁に連絡を取れば納得するのか。「老人は自分から子供に電話をするのは勇気がいるのよ。だから私は自分の親に頻繁に連絡していたわよ」この言葉も聞き飽きた。母は私に教え諭そうとする。そのうち母は兄の子供から菓子が送られてきた事を話し始めた。兄の子供達は毎年敬老の日に母に菓子を送ってくる。それ...

近所から頂く3連休の土産

-
3連休最終日。あぁ、ようやく明日から日常が戻る。休日には近所の人の声や騒がしい様子が聞こえてくる為、家にいても落ち着かない。さらに最近は涼しくなってきた為、皆家の窓を開けている様子で、近所の家の中からも、子供の泣き叫ぶ声や母親の怒鳴る声、電話で会話している声まで聞こえてくる。こんな時、敷地の広い一軒家や、防音効果の高いマンションに住みたいと思う。私のような家が密集した敷地の狭い住宅街に住んでいると...



よく読まれている記事